« 京都旅行 | トップページ | 家庭で簡単!チーズフォンデュ! »

ゆずとりんごのジャム

Photo_2  

ゆずをいただいたので、りんごとあわせてジャムにしました。

私は酸っぱいもの好き。

なので、柑橘系のジャムを作るときは酸味を強くします。

これは人によりますが、

私には酸味の強いジャムのほうが使い勝手がいいんです。

ドレッシングや肉料理のソース、酢の物のアクセントなどなど。

甘いジャムを食べたくなれば、ジャムに大好きなはちみつを少したせば、おいしく食べれるし。

甘~いジャムを作りたい方には参考にならないかもしれませんが、一応、

今回使った材料と分量です。

ゆずの皮  150g

ゆず果汁  250g

りんご   180g

グラニュー糖  150g

*甘いジャムがお好みの方は、ゆず果汁を1/4の量くらいでいいと思います。

001_2    

ゆずの皮のきれいなところを選んでむきます。

その皮をせん切りにします。

  

  

  

  

  

002_2   

皮を水から茹でて沸騰したら茹で湯をこぼします。

これを2~3回くりかえします。

苦味が好きな方は2回、苦味が苦手な方は3回かな。

柚子の苦味成分は体に有効な働きがあると、言われています。

なので、それらを全部取り込もうと思うと、茹でこぼしはものすごく、もったいない気はするのですが、、、

私はおいしく食べたいので、そこは割り切って茹でこぼします

003  

アクぬきした柚子の皮、りんご、グラニュー糖、柚子果汁を加えて、コトコト煮ます。

   

  

  

  

  

004   

ゆずだけでジャムを作ろうとすると、皮にはペクチンがないので、とろみがつきません。

なので、ゆずの種をガーゼに包んで果汁もしくは水に浸けて、抽出してから煮る必要がありますが、

今回はりんごと一緒にジャムを作っているので、その必要はありません。

りんごにはペクチンが含まれているので、ただ一緒に煮るだけでとろみがつきます。

005_2    

煮沸消毒した空き瓶に、熱々出来立てのジャムを瓶いっぱいに入れて、蓋をきっちりしめて、逆さまにして冷まします。

これで、しっかり閉まります。

  

    

  

006   

残ったゆずと種は冷凍保存。

種は、ペクチンの少ない果物のジャムを作る時に使えるし、ゆずのしぼりかすは、まだ香りがするので、お風呂に入れます。

 

ゆずとりんごは相性抜群!この季節ならではのジャムです。お試しあれ。

<a href="http://www.recipe-blog.jp/ranki.cgi?id=14853" target="_blank">レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪</a>

<a href="http://findish.jp/voting.cgi">ファインディッシュ</a>
ランキングに参加中★ よろしければクリックしてくださいね!(^^)!
 

|

« 京都旅行 | トップページ | 家庭で簡単!チーズフォンデュ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

りんごジャムはおいしかった食べたいとおもう。。。

投稿: toreru | 2019年9月18日 (水) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆずとりんごのジャム:

« 京都旅行 | トップページ | 家庭で簡単!チーズフォンデュ! »